景品選び

忘年会の準備というのはいろいろなことをしなければなりません。会社の仕事の一環と言いつつも仕事をしながら準備をすることになります。忘年会の準備があるからと言って仕事をしなくてよいということもないですし、仕事中に忘年会の準備をするということもできません。そのため、効率的に皆でいろいろと分担して作業を進めなければなりません。

特に大変なのが場所の確保と景品選びです。忘年会シーズンとなれば人気店の良い時間はすぐに埋まってしまいます。そこで予約がスタートしたらすぐに良いお店を抑えることが必要です。そこで、予約開始時期よりも早いうちからどこのお店を抑えるか、そしてどういった内容で予約をするかということをある程度決めておくことが必要です。

お金そして、景品選びもとても重要です。当日までに用意できれば良いと思われがちですが、景品を選ぶにあたっては予算を立てる必要があります。これは当日の会費に影響してくるので早めに決めておかなければ忘年会の告知の際に予算が伝えられなくなりトラブルとなってしまいます。また、後から予算が変更になるというのは避けたいことです。だからと言って高めに設定しておくとこれも参加者が減る原因となるので早いうちに予算の見通しを立てて案内をすることが望ましいのです。