喜ばれる理由

テーマパークのチケットやブランド和牛といったものが喜ばれるのにはほかにも理由があります。こういった時の景品として家電製品や高級ブランドの商品といったものもよく選ばれます。しかし、こういったものはすでに持っているという可能性もありますし個人の趣味もあります。そのため必ず喜ばれるとは限らないのです。

テーマパークそれに対してテーマパークのチケットやブランド和牛といったものは融通がききます。もしもテーマパークに行くことが難しかったとすればほかの人に譲ることもできますし、金券ショップで換金することも可能です。またブランド和牛はめったなことがない限り食べられないという人はおらず何かの形で消費してもらえます。もらって使えない、活用できないという危険性が大幅に回避できるのです。

また、こういった家電製品や高級ブランド品といった景品というのはとてもサイズが大きくなりかさばってしまうことも多いです。会場から電車やバスに乗って持ち帰ることを考えるともらった人もあまり喜べない部分があります。その点、テーマパークのチケットやブランド和牛であればあまり大きくなくカバンに入れて持ち帰ることもできコンパクトという点でも便利です。こういった面からテーマパークのチケットやブランド和牛といったものは喜ばれるのです。

喜ばれる景品

忘年会の景品と言えば、いろいろなものが用意されます。できれば長く場が盛り上がるよう景品は多く用意しておくことが望ましいです。やはり参加して会費を支払っているのに何も手にすることができないというのはあまり良い気がしません。そこで高価な盛り上がる景品を用意しつつも参加賞程度でよいので何か持ち帰られるように準備をしておくことが望ましいのです。

和牛高価な景品の定番ともいえるのが商品券やテーマパークのチケット、ブランド和牛といったものがあります。特に冬場の忘年会だとテーマパークのチケットやブランド和牛といったものは喜ばれる景品です。

冬はどこの会社も年末年始の休暇や冬休みが取得しやすい時期です。そのため外出もしやすくなりますし、自宅で友人を集めて忘年会もしやすくなります。そういったときにテーマパークのチケットが手元にあればテーマパークに遊びに行くこともできますし、ブランド和牛があれば鍋パーティーやすき焼きパーティーをして盛り上がることもできますし、お正月に皆で集まって食事会をすることもできます。こういった贈り物はお正月休みや冬休みが取りやすい時期だからこそのアイテムでもあります。そのため、忘年会の景品として選ぶのにおすすめなのです。

景品選び

忘年会の準備というのはいろいろなことをしなければなりません。会社の仕事の一環と言いつつも仕事をしながら準備をすることになります。忘年会の準備があるからと言って仕事をしなくてよいということもないですし、仕事中に忘年会の準備をするということもできません。そのため、効率的に皆でいろいろと分担して作業を進めなければなりません。

特に大変なのが場所の確保と景品選びです。忘年会シーズンとなれば人気店の良い時間はすぐに埋まってしまいます。そこで予約がスタートしたらすぐに良いお店を抑えることが必要です。そこで、予約開始時期よりも早いうちからどこのお店を抑えるか、そしてどういった内容で予約をするかということをある程度決めておくことが必要です。

お金そして、景品選びもとても重要です。当日までに用意できれば良いと思われがちですが、景品を選ぶにあたっては予算を立てる必要があります。これは当日の会費に影響してくるので早めに決めておかなければ忘年会の告知の際に予算が伝えられなくなりトラブルとなってしまいます。また、後から予算が変更になるというのは避けたいことです。だからと言って高めに設定しておくとこれも参加者が減る原因となるので早いうちに予算の見通しを立てて案内をすることが望ましいのです。

忘年会の幹事

忘年会の幹事というのはとても荷が重たいものです。せっかく集まるならば皆に楽しんでもらいたいと思うものですが、人によっていろいろな考えがあるためなかなか皆に喜んでもらえる内容というのは難しくなってきます。そして、会社やグループによっては慣例もありますからそういったものを考えながらどうやって盛り上げていくかを考えなければならず、幹事になってしまうと気が重いという人も少なくありません。

ビールしかし、忘年会の幹事を成功させるととても大きなメリットがあります。まずは何よりも参加してくれた人たちが喜んでくれるということです。やはり、参加者が楽しんでくれるというのが何よりも喜びになりますし、頑張ってよかったと思えます。次に、会社の忘年会で幹事を成功するとビジネスチャンスにつながることもあります。上司から次の仕事の規格案を出すように言われたり、同席するように言われたり、飲み会のセッティングを頼まれたりと次の仕事につながる機会になることもあるのです。

もちろん同期や先輩後輩からの支持を得られるというのも嬉しいところです。人望が厚くて損をすることはありません。仕事が進めやすくなるのはもちろんですが、社内で仲良くなれる人も増えます。社内で好意を抱いている人とうまくいくきっかけとなることもあります。このようにとても大変なことですが、忘年会の幹事をすることで得られるものはとてもたくさんありますし、学べることもたくさんある貴重な経験となるのです。